社会人入試大学院入試

 
社会人入試・大学院入試 青山IGC学院 / HOME 社会人入試・大学院入試 青山IGC学院 / Q&A 社会人入試・大学院入試 青山IGC学院 / パンフレット 社会人入試・大学院入試 青山IGC学院 / アクセスマップ 社会人入試・大学院入試 青山IGC学院 / サイトマップ 社会人 大学院入試 青山IGC学院 メール
社会人入試・大学院入試 青山IGC学院
社会人入試・大学院入試 青山IGC学院 / 教育理念 社会人入試・大学院入試 青山IGC学院 / 合格実績 社会人入試・大学院入試 青山IGC学院 / 学院の特色 社会人入試・大学院入試 青山IGC学院 / 募集要項 社会人入試・大学院入試 青山IGC学院 / 講座案内 社会人入試・大学院入試 青山IGC学院 / 短期講習 社会人入試・大学院入試 青山IGC学院 / 公開模試 社会人入試・大学院入試 青山IGC学院 / 入学説明会
社会人入試・大学院入試 青山IGC学院 / パンフレット資料請求
工藤美知尋学院長の日々の所感_日々断章
政治・経済・社会・文化・能・歌舞伎・映画・社会人入試など、多岐にわたる日々の所感をおとどけします。




Vol.625

米朝首脳会談の狙い

2018.05.12

ここに来て米朝首脳会談に臨む金正恩の狙いが明らかになってきた。ズバリその狙いとは、「金正恩体制の保証」にある。

金正恩の目的は、米国に「敵視政策」を放棄させ、北朝鮮の独裁政権を転覆したり、軍事攻撃をしたりしない事を確約させることにある。

具体的には、朝鮮戦争休戦協定を平和協定に転換し、米朝の国交を樹立した上で、不可侵の約束を要求することである。

今年3月5日、金正恩朝鮮労働党委員長は、訪朝した韓国特使団に対して、非核化の意思を初めて表明するとともに、「軍事的脅威の解消」と「体制の安全保障」を条件として挙げた。

独裁体制を守る核を捨てれば、米国に対する抑止力を失うため、それに代わるものが必要になるとの主張である。

平和協定締結と米朝国交の樹立は、北朝鮮を敵視しない証しともなる。
1994年10月の米朝枠組み合意や2005年9月の6ヵ国協議共同声明などの非核化合意には、平和協定や米朝国交正常化への道筋と、北朝鮮に対する米国の武力不行使の約束がセットで織り込まれていた。

北朝鮮は、米朝首脳会談において、「軍事的脅威の解消策」として、(1)、韓国にある核兵器・基地を撤廃し検証すること、(2)、米国が朝鮮半島に核を二度と持ち込まないと保証すること、(3)、北朝鮮に対して核で威嚇せず、使用しないと約束することなどを求めると予想される。

米韓軍には、北朝鮮指導部を直接狙う「斬首作戦」が存在すると言われている。「軍事的脅威の解消」は、金正恩体制にとって最も重要な案件になっている。




バックナンバー




大学院・社会人入試の青山IGC学院 ページトップへ



 
教育理念合格実績大学院入試社会人入試学院の特色募集要項講座案内短期講習公開模試入学説明会
Q&AパンフレットアクセスマップサイトマップメールHOME|
 
Copyright (C) 2003 Aoyama IGC Co., Ltd. All Rights Reserved.
くちふkoku