社会人入試大学院入試

 
社会人入試・大学院入試 青山IGC学院 / HOME 社会人入試・大学院入試 青山IGC学院 / Q&A 社会人入試・大学院入試 青山IGC学院 / パンフレット 社会人入試・大学院入試 青山IGC学院 / アクセスマップ 社会人入試・大学院入試 青山IGC学院 / サイトマップ 社会人 大学院入試 青山IGC学院 メール
社会人入試・大学院入試 青山IGC学院
社会人入試・大学院入試 青山IGC学院 / 教育理念 社会人入試・大学院入試 青山IGC学院 / 合格実績 社会人入試・大学院入試 青山IGC学院 / 学院の特色 社会人入試・大学院入試 青山IGC学院 / 募集要項 社会人入試・大学院入試 青山IGC学院 / 講座案内 社会人入試・大学院入試 青山IGC学院 / 短期講習 社会人入試・大学院入試 青山IGC学院 / 公開模試 社会人入試・大学院入試 青山IGC学院 / 入学説明会
社会人入試・大学院入試 青山IGC学院 / パンフレット資料請求
工藤美知尋学院長の日々の所感_日々断章
政治・経済・社会・文化・能・歌舞伎・映画・社会人入試など、多岐にわたる日々の所感をおとどけします。




Vol.606

「内向き」政治、一過性ではない(ジョン・二ルソンライト氏論文)

2017.09.27

この論文は、今年『読売新聞・論点』に掲載されたものである。

ジョン・二ルソンライト氏は英王立国際問題研究所上級研究員で、現在東北大学で研究している。

欧米のポピュリズム(大衆迎合主義)台頭による現在の政治の混乱を、一時的な現象と見るか、それとも根源的な変化と考えるか。

米国の現状は、第7代大統領アンドルー・ジャクソン(在任1829~37年)が既存エリートを批判し、農民、労働者、都市住民の政治参加を進めた歴史になぞらえ、「新ジャクソン・デモクラシー」とも評されている。

欧州の変化は、1989年の冷戦終結に匹敵するとの見方や、1789年のフランス革命まで遡って分析すべきだとの意見もある。歴史的にも極めて大きな変化は、一過性と考えず深刻に受け止め、対応しなければならないと思う。

欧米でのポピュリズムの台頭は、労働コスト面で競争力を失い、経済的に不利になった人が増えた所に、2008年にリーマン・ショックが起き、格差が広がったことが背景にある。
それに無策のエリート層への不満をポピュリズムが煽り、むき出しのナッショナリズムや「内向き」志向が顕在化した。

ところが日本は、「失われた20年」と呼ばれる経済的困難を経験しながら、欧米ほどにはポピュリズムは広がらなかった。
安倍首相は、第1次政権(2006年~07年)の時から、民主主義、法の支配、自由貿易など、戦後秩序を支えて来た価値観の擁護者であり、安定した政権基盤によって発言力を強めている。

英国にも変化がある。国民投票で欧州連合(EU)離脱を選択した背景には、アパシーもあった。ただ今は伝統的な英国外交や、国際社会での英国の存在感を再認識する機会が生じている。
アパシーの解消は、コミュニティーの再生を通し、人々の関心を取り戻せるかがカギとなる。




バックナンバー




大学院・社会人入試の青山IGC学院 ページトップへ



 
教育理念合格実績大学院入試社会人入試学院の特色募集要項講座案内短期講習公開模試入学説明会
Q&AパンフレットアクセスマップサイトマップメールHOME|
 
Copyright (C) 2003 Aoyama IGC Co., Ltd. All Rights Reserved.
くちふkoku