社会人入試大学院入試

 
社会人入試・大学院入試 青山IGC学院 / HOME 社会人入試・大学院入試 青山IGC学院 / Q&A 社会人入試・大学院入試 青山IGC学院 / パンフレット 社会人入試・大学院入試 青山IGC学院 / アクセスマップ 社会人入試・大学院入試 青山IGC学院 / サイトマップ 社会人 大学院入試 青山IGC学院 メール
社会人入試・大学院入試 青山IGC学院
社会人入試・大学院入試 青山IGC学院 / 教育理念 社会人入試・大学院入試 青山IGC学院 / 合格実績 社会人入試・大学院入試 青山IGC学院 / 学院の特色 社会人入試・大学院入試 青山IGC学院 / 募集要項 社会人入試・大学院入試 青山IGC学院 / 講座案内 社会人入試・大学院入試 青山IGC学院 / 短期講習 社会人入試・大学院入試 青山IGC学院 / 公開模試 社会人入試・大学院入試 青山IGC学院 / 入学説明会
社会人入試・大学院入試 青山IGC学院 / パンフレット資料請求
工藤美知尋学院長の日々の所感_日々断章
政治・経済・社会・文化・能・歌舞伎・映画・社会人入試など、多岐にわたる日々の所感をおとどけします。




Vol.599

「歴史に学ぶとはー戦争はいかに起こるのか」読売【地球を読む】猪木武徳論文

2017.07.29.

今年4月の【読売・地球を読む】に大阪大学名誉教授猪木武徳氏の論文「歴史学ぶにはー戦争はいかに起こるのか」が掲載された。

非常に読み応えのある論文だったので、その骨子を紹介したい。

歴史を紐解いてみると、戦争の原因が必ずしも合理的理由からだけで起こるとは言えないようである。

長く抑圧されてきた様々な要因が、次第にエネルギーを蓄積してきたところで、運命的出来事が契機となっていくつもの国を巻き込んでの戦争になったことがかつてあった。

その代表的例が第一次世界大戦である。この第一次世界大戦の端緒となったのは、オーストリアの皇太子フェルドナントがサラエボで暗殺されたことをきっかけとしているが、これが何故世界大戦に発展したのかになると、一概に言うことは出来なくなる。そこには複雑で難解な状況が存在していた。

第二次世界大戦の原因についても同様である。一般的にはヒトラーとその側近たちの意図的な戦争計画に帰す議論が多いが、果たしてそうであろうか。
世界的に名高い英国の歴史家のJ・Pテイラーによれば、第二次世界大戦の原因は、第一次大戦の責任をすべてドイツに押し付け、ドイツ国民に過重な賠償負担を負わせたヴェルサイユ条約にあったとしている。

我々は何故歴史を学ぶのか。戦争や歴史的事件の原因を現代の道徳的観点から裁断し、関わった人物の道義的責任を追及することが歴史を学ぶ目的だと思いがちであるが、こうした考えは歴史の不可思議さと複雑さを見逃すことになってしまう。

こうしたことを思う時、北朝鮮の核・ミサイル開発問題は、単に「邪悪な独裁者を征伐する」という話だけでは終わらないことを知っておく必要がある。




バックナンバー




大学院・社会人入試の青山IGC学院 ページトップへ



 
教育理念合格実績大学院入試社会人入試学院の特色募集要項講座案内短期講習公開模試入学説明会
Q&AパンフレットアクセスマップサイトマップメールHOME|
 
Copyright (C) 2003 Aoyama IGC Co., Ltd. All Rights Reserved.
くちふkoku